コーヒーで歯が茶色に!自宅でケアできる薬用ちゅらトゥースホワイトニング使ってみた

歯磨きホワイトニング

私はコーヒーが好きなので、よく飲みます!

でも、コーヒーの茶渋がついていつの間にか歯が茶色っぽくなってしまうんですよね。

歯医者さんにもときどき行って、コーヒーなどの黄ばみや色素沈着をとってもらったりしています。
でも、自宅でもケアできたらいいですよね。

そこで見つけたのが、沖縄で生まれの厚生労働省が認定した医薬部外品の【 薬用ちゅらトゥースホワイトニング 】を使ってみたので口コミレビューします!

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの使い方

歯磨きホワイトニング

歯のホワイトニングというと、歯磨き粉っぽいチューブのイメージでした。

でも、薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、きれいな青いスポイトタイプ!

白いスポイト部分をぐるっとまわすと、キャップがはずせます。

歯磨きホワイトニング

中は、なんとさわやかなブルー!
香りもミントのような甘い香りがしました。

1回の使用目安は、スポイトの半分くらい。

歯磨きホワイトニング

使い方は、1日1~3回いつもの歯磨きのときに歯ブラシにつけて使うだけ。
その後、水で口をすすんで終わり!

普段使っている歯磨き粉の代わりとしても使ってもOKと書いてあったので、私は、歯磨き粉代わりにつかってます。

歯磨きホワイトニング

とろっとしていて、歯ブラシの上にものせられました。

歯磨きするのにスポイトを使うのはなんだか変な感じがしましたが、スポイトタイプなのでとっても衛生的ですね。

歯磨きしてみると、少しだけ泡がでてきました。

普段通り口をすすいでみると、歯がつるつるで息もスッキリ!
口臭予防にもいいですね。

コーヒーの茶色の黄ばみや茶渋などがある歯とない歯では、印象がだいぶ違います。

笑った時には歯を見せて思いっきり笑いたいですよね!!!

汚れを落としてくれる特徴や成分について

歯磨きホワイトニング

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、

◎  口臭・歯周炎・歯肉炎の予防
◎  虫歯を防ぐ
◎  歯を白くする
◎  口の中を爽快にする

などの効果効能があります。

汚れを落としてくれる成分

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、天然由来のリンゴ酸とビタミンCが配合されています。

さらに、PAA(ポリアスオアラギン酸)が、黄ばみや色素沈着した汚れを浮かせてはがして落としてくれます。

そのすごさは、10円に薬用ちゅらトゥースホワイトニングを1滴たらすだけで、なんときれいになってしまうんです。

すごいですよね。

10円

虫歯や口臭予防もしてくれる成分

ウーロン茶から抽出されたエキスとホップから抽出されたエキスからなる新しい成分「GTO」を配合していて、この成分が虫歯のもととなる酸をブロック。

虫歯になるリスクを減らしてくれます。

他にも、殺菌作用のある「シメン-5-オール」が入っているので、雑菌を減少させてくれ口臭予防にも!

歯のホワイトニングだけでなく虫歯や口臭予防など、口のいろいろな悩みをサポートしてくれるんですね。

研磨剤不使用

市販されているホワイトニングの歯磨きというと、研磨剤によって歯を削って歯を白くするものもありますよね。

でも、それだと歯がうすくなってしまって継続して使うことはできません。

今回使ってみた薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、研磨剤は不使用
歯の汚れを浮かして汚れを落とすため、続けて使うことができます。

まとめ

歯磨きホワイトニング

1日1~3回使って、1本で約1ヶ月分。

歯が白くなったと実感するのは人によって違いますが、約2~3ヶ月くらいで実感される人が多いそうです。

私の場合はもともと歯が黄色っぽく芸能人みたいに真っ白な歯になったというわけではなく、コーヒーや紅茶の汚れ(ステイン)が3週間ほどでとれてきて白くなったと感じました。

歯磨きホワイトニング

特別モニターコースは、通常価格5,980円のところ初回33%OFFの3,980円(税別)です。
(しっかり実感してもらうため最低3回の継続が必要です。)

初回に歯の専門家が開発に携わった歯ブラシもついてきます。

ブラシのヘッド部分が小さくて歯ぐきは歯のすき間の細かいところまで磨けます!

詳しくはこちら薬用 ちゅらトゥースホワイトニング 30g

error: Content is protected !!